<<サロン経営成功のルール>>

(1)サロンの売上を上げる3つの方法

(2)お客様の数を増やす

(3)お客様一人当たりの売上金額を増やす

(4)お客様一人当たりのリピート回数を増やす

(5)1+1+1=10にする考え方

(6)他の業界の成功事例から学ぶ

(7)お客様が本当に求めているものを理解する

(8)惚れ込むべき対象は商品やサービスではない

(9)ライバル店と異なるメリットをつくる

(10)あなたの強みと弱みがわかる33の質問

(11)あなたのサロンにも必ず独自の強みがある

(12)そんな理由だけで?選んでくれるお客様もいる

(13)なぜ、お客様は来店してくれないのか?

(14)サロンの強みはお客様が知っている

(15)サロンの強みを理解してはじめて効果的な仕掛けができる

(16)サロンの強みは変化していく可能性がある

(17)あなたとライバル店の強みは違う

(18)お客様からあなたのサロンの強みを教えてもらう方法

(19)お客様にあなたやサロンの悪いところを聞いてはいけない

(20)あなたやサロンの欠点ではなく長所を見よう

(21)お客様のリスクや不安を取り除く

(22)お客様のリスクを完全に取り除く方法

(23)保証のリスクを利益に変える

(24)お客様に付加価値をあたえる

(25)サービスと商品の追加は取扱いを増やすことではない

(26)多くのサービスや商品を購入することがメリット

(27)セットメニューで利益を増やす

(28)簡単なテストをするだけで利益が増える

(29)他業種と協力して利益を増やす

(30)来店されなくなったお客様を取り戻す

(31)広告宣伝の常識はウソ

(32)どう伝えるかではなく、何を伝えるか

(33)アピールするには「お客様の声」が効果的

(34)携帯メールを効果的に活用すれば利益はあがる

(35)ホームページやブログの活用方法

(36)サンキューレターの活用方法

(37)お客様に試されている

(38)お客様をあなたのファンにするということ

(39)お客様の満足度が高いだけではダメ

(40)お客様はなぜ、流出してしまうのか

(41)サロン成功の法則


さらに、まだまだあります!


<<スクール経営成功のルール>>

(42)スクールビジネスで儲けの仕組みをつくる

(43)ネイル技術より「教える技術」が必要

(44)教える効果を上げるためには準備が大切

(45)目標をもたせて教えると効果的

(46)技術を教えるときの注意

(47)教えることは「ほめる」ことから

(48)適切な改善点を教えることがレベルを上げる

(49)ネイルスクール開校までの流れ

(50)ターゲット層のスクール生を明確にする

(51)カリキュラムの内容や料金を決める

(52)教室の場所や授業料の回収方法を決める

(53)生徒集客の広告宣伝

(54)税務署などへの届出

(55)なぜ、今、ネイルスクールが注目されるのか

(56)こんなネイルスクールが選ばれる

(57)生徒がやめないために必要なこと

(58)自宅ネイルスクールでお金を稼ぐ方法

(59)通常のネイルサロンとの違い

(60)トレーニングサロンをつくる意味

(61)トレーニングサロンのカリキュラムとは

(62)「施術前」「施術」「施術後」にすべきことを明確に

(63)トレーニングサロンでの技術レベル

(64)サロン現場で使えるネイル技術とは

(65)トレーニングサロンとスチューデントサロン

(66)ネイリストとオーナーネイリストの違い

(67)オーナーネイリストへの道


 
以上のノウハウを知っていますか?

もしくは、最低限このようなことを具体的に細かく 教えてくれる人を知っていますか?

知らないという方は、いくらサロン経験を積んだとしても・・・
いくらネイル検定1級に合格したとしても・・・
予約でいっぱいのネイルサロンを運営することは難しいですよ!

たったこれだけの事を知っているだけで成功率が飛躍的にアップするとしたら
知りたいと思いませんか???




そこで・・・
「ネイルスクールでは技術は教えてくれても・・・・
「本屋にいってもそれらしい本もないし・・・・」
「セミナーに参加しても表面的なことしか・・・・」
「もっともっと具体的に細かく教えて欲しい!」

というあなたのために、 

わたしたちのサロン開業のノウハウの集大成

「自宅ネイルサロン儲けのルール」

という特別マニュアルを執筆いたしました。

このマニュアルは、理論上の話しではなく、すべてサロン現場での経験
から学んできたものです。

3,000人のお客様の声など本当に超リアルな話ばかりです。
いかにネイル業界の常識とお客様の常識がちがうのか・・・
お客様に指名頂くサロンでない限り、成功などあり得ないのです。

ネイルスクール在学中の方から、すでにサロン開業されている方まで、
サロン経験も検定もなくても簡単にすぐに使えるノウハウを詰め込んだものです。


 
実は、わたしたちも同じ悩みをもっていました。

 何からすればいいの???・・・

 本やインターネットやセミナーでは

 「そんなことは、わかっているけど・・・」

 「もっとこの部分のココを具体的に教えてほしいのになぁ?」

 
もっともっと具体的にもっともっと細かいところまで!

 成功している誰かぁ?!!細かく教えてぇ?!!
 こんな感じでした^^

 当時、わたしが・・・
 こんなマニュアル、こんなテキストがあればいいのになぁ?・・・

 という思いから作成しました。

まず何から実践すればいいの?・・・

どのようにしてサロンを運営していくのかがひと目で分かるはずです!!
 

あなたも「大好きなネイルを仕事とし、サロンオーナーとして生活できることが可能になった!」
こんな生活を送りたいと思いませんか?

このマニュアルを読んで実行すれば、あなたが今まで悩んでいたことが
解決できるのではないでしょうか!

さて、「自宅ネイルサロン儲けのルール」の価格ですが、
あなたなら、このノウハウにいくら投資しますか?
 
10万円、30万円、50万円、それとも・・・

書籍やセミナーなどで経費をかけると10万円ぐらいは、あっという間に
かかってしまします。

スクールやフランチャイズなどになると50万円以上はかかります。

わたしも実際、試行錯誤するうちにネイル材料のムダをいれると100万円
以上は使ってしまいました。

しかし、高額なスクール費用を払ってきた、あなたにはなるべく負担をかけないで
悩みを解消し、夢を叶えてもうために負担なく実行してもらう金額にしました^^

 
 この機会に読んでみたいという方に限り、お送りします。





◆◇◆ 追伸 ◆◇◆
 普通ならネイルサロンが成功すれば、そのノウハウを他に洩らすことなく、
自分のグループの発展のみを願います。私も当初はそう思っていました。
 
しかしサロン数を増やしていく中で、現場で働くネイリストたちは自分のサロンを開業
したいと夢をもち、そして、それを目標に変えて見事に独立へ進んでいきます。
 
この業界は、皮肉なことにネイルサロンが流行れば流行るほど、優秀なスタッフたちは
独立へと向って行くのです。
 
私もスタッフの独立は応援する考えでいましたので、このままグループとしての拡大を
考えるよりは、独立開業を目指すネイリストをサポートする方向に事業展開をしようと
考えていました。事実、私自身は美容院などにネイルメニューを導入するための
サポートなどは数多くやっています。
 
そして、この度スタッフから独立開業の相談を受け、私自身コンサルティング活動以外に
海外でのネイルに関係する事業をやっていきたいこともあり、
ネイルサロンの運営をお休みすることにしました。
 
そのような理由から第1弾の「自宅ネイルサロン開業」に続いて
第2弾「自宅ネイルサロン儲けのルール」の公開に踏み切りました。
 
このマニュアルで一人でも多くのネイリストの方が独立開業のサポートになれば幸いです。
どうか成功してください。
あなたの成功を心からお祈り申し上げます。
 
ネイルサロン開業専門コンサルタント
 
特定商取引法に基づく表示